賃貸の部屋を綺麗に保つコツ

私は、独身時代はずっと戸建ての実家暮らしでした。

New Topics
このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸の部屋を綺麗に保つコツ

私は、独身時代はずっと戸建ての実家暮らしでした

●37歳 女性

私は、独身時代はずっと戸建ての実家暮らしでした。
そんな私が賃貸に住んだのは、結婚後の新婚時代の三年間です。

賃貸の部屋を綺麗に保つコツは、まずはこまめな掃除だと思います。汚れを溜めてしまっては嫌になります。賃貸だから汚れたら引越せばいい、という考えは禁物です。
一生懸命掃除をしていましたが、妊娠中に入院する事があり、数ヶ月ろくな掃除をしていませんでした。
そうなると水周り、特にお風呂場はカビなどが生え、取り返しがつかない状態となり、そうなってしまってからはあまり掃除に力を入れなくなってしまいました。

その経験から、やはり汚れる前に掃除をするという事が一番だと思います。また、住んでいた賃貸住宅のキッチンの換気扇は、カバーが着いていませんでした。
なので、自分でマジックテープを取り付け、繊維素材の紙上のフィルターをこまめに交換し貼り付けることで、換気扇は簡単に綺麗に保つ事が出来たので、良かったと思います。
また、フローリングが傷つかないようにとの配慮から、部分的にビニール素材の木目シートを敷いていました。
更にその上に布団を敷いて寝ていたのですが、転居する際ビニール素材のシートを取り除いてビックリ。寝汗の湿気がシート下にこもってしまい、フローリングに人型の跡が付いてしまいました。

勿論、清掃代を払わなければならず、綺麗に保とうと敷いたビニール製シートが仇となってしまいました。
フローリングにあまりシートは敷かない方が良いと思います。

SiteRecommend

Copyright (C)2017賃貸の部屋を綺麗に保つコツ.All rights reserved.