賃貸の部屋を綺麗に保つコツ

部屋を引き払う時に、部屋を汚した状態のままだと、修繕費や改修費などを請求される事があります。

New Topics
このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸の部屋を綺麗に保つコツ

部屋を引き払う時に

●56歳 男性

部屋を引き払う時に、部屋を汚した状態のままだと、修繕費や改修費などを請求される事があります。
本来、生活していれば、生活のシミや汚れは必ず発生します。ですから、通常の生活汚れだと分かるものであれば、管理会社も承認してくれますが、ただ管理会社もピンキリなので、何かと料金を請求してくる場合もあります。ですから、契約の段階で、退去した場合の、その点の項目にはシッカリ確認しておく事は重要です。

一番良いのは、退去する時に、出来るだけ入居時と同じくらいに綺麗に掃除する事です。
ですから、退去が決まったのなら、コツコツと汚れた部分の清掃をする事は大切です。

長く住まない予定であれば、タバコは吸わない、レンジ周りには市販の汚れガード製品を貼っておく、床には傷が付かない様に絨毯などを敷く、ペットは飼わない、壁にはピンや接着剤等を付けない、備品が破損した場合はすぐに管理会社に連絡する、床や壁を汚してしまったらすぐに綺麗にするなど、日頃から気をつけておけば、それ程汚れる事はないでしょう。
そして、荷造りが完了したなら、部屋全体を隅々まで清掃する事です。
そうした作業は、大家さんや管理会社の人に好印象を与えますので、大概は喜んでもらえるはずです。

Copyright (C)2017賃貸の部屋を綺麗に保つコツ.All rights reserved.