賃貸の部屋を綺麗に保つコツ

賃貸の場合、最初に敷金を1ヶ月分ほど支払うことになります。

New Topics
このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸の部屋を綺麗に保つコツ

賃貸の場合、最初に敷金を1ヶ月分ほど支払うことになります

●35歳 女性

賃貸の場合、最初に敷金を1ヶ月分ほど支払うことになります。
退去の時、大家さんや管理人さんと部屋を見て、入居後についた傷や壊れたものがないかどうか確認しますが、この時にタバコのヤニやペットの臭いなども含め、修繕費用を差し引いた分が返ってくるか、または全額返ってこないこともあります。

しかし、部屋を綺麗に使っていれば、全額あるいは一部でも返ってくることが大いにあります。せっかく戻ってくるお金なら、キレイに使った方が退去する時も気持ちいいし、大家さんも嬉しいでしょう。
キレイに使うコツは、タバコやペットなど、臭いのつくものを部屋に置いておかないこと。そして、いつも部屋を換気して、壁紙や家具に生活臭がつかないようにすること、カビなどを抑える効果もあります。
最近人気のフローリングは、家具家電ですぐに傷がついてしまうので、部屋に持ち込む前に傷防止用の素材を、家具家電の足にあらかじめつけてから持ち込むようにすると良いです。
それから、大きめの絨毯やカーペットを敷いておくと、うっかり何かを落としてしまった時にも、床に傷がつきません。
私は、畳にもジョイント式のコイルカーペットを敷いていましたので、畳にひっかき傷を作ることもなく、退去の時には入居前と変わらないキレイな畳で、大家さんに喜んでもらえました。

Copyright (C)2017賃貸の部屋を綺麗に保つコツ.All rights reserved.