賃貸の部屋を綺麗に保つコツ

賃貸の部屋をキレイに保つには、まず汚さない、傷つけないことを考えます。

New Topics
このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸の部屋を綺麗に保つコツ

賃貸の部屋をキレイに保つには

●43歳 女性

賃貸の部屋をキレイに保つには、まず汚さない、傷つけないことを考えます。
具体的には、引っ越しで家具を入れる前に、床にはカーペットやホームセンターで売っている、手軽に敷けるフローリングマットなどを敷きます。これで、上に家具を置いたり、日常生活での床すれなどの細かな傷や汚れは防止できます。
壁には、基本的にはポスターを貼ったり、画鋲を使って止めたりすることは避けます。どうしてもの時は、時計とカレンダーのみ貼ります。これは、生活する上で必要なものと認められ、補修の対象外になるからです。

靴箱があれば、新聞紙や広告でいいので、中敷きの板に敷いて直接の汚れから守ります。台所のシンクの棚についても同様に、食器棚シートなどを利用直接ものが当たらないようにします。こうすれば、掃除の時もシートを取り換えるだけですし、備品をキレイに使うことが出来ます。
最後に、やはり心掛けたいのがこまめな掃除です。
汚れが染みついてしまわないうちに、さっさと掃除しておくのがキレイに保つコツです。

Copyright (C)2017賃貸の部屋を綺麗に保つコツ.All rights reserved.